住宅ローンには金融機関の厳しい審査があります。


誰でもが、ローンを借りられるものではなく、審査がありますね。


年収などの審査があり、その審査がパスしないことには借りられません。


◆住宅ローンの審査の基準は 
      金融機関は貸したお金が返してくれる人物かexclamation&question

      返してもらえなかった場合は、担保に融資額相当の価値があるのかexclamation&question

審査がありますね。

◎審査のチェック項目は 
 借りての年齢、勤務先、役職、雇用形態、勤務年数、年収、預貯金(頭金の割合)、
 資産(担保となる物件の価値)など多岐にわたります。

審査は金融機関のより異なります。


ある金融機関に融資(住宅ローン)が断られても、他の金融機関ではパスの場合があります。


◆どうして借りられないの?
  毎月の返済額(年収に対する毎月の返済額を返済負担率)が規定にパスをしないことには、
 審査は通りませんね。

 車のローンなど別のローンがある場合は返済額も合計した金額で判断されますね。
 (他のローンがある場合は住宅ローンの返済額は少なめにしないとね)


◎フラット35では、 
 融資の対象となる物件の品質について基準が設けられています。
 これをクリアして、融資が受けられます。


◎民間のローンを借りる場合は、 
 団体信用生命保険に加入することが義務づけられています。
 健康上の理由から保険に加入できない人は民間の住宅ローンは難しいですね。


住宅ローンには金融機関の厳しい審査があります。

金融機関も貸したお金が戻ってこないことにはね。

借りたお金は返す。

当たり前のことですね。


色々と下調べをしましょうねexclamation
どこで借りるのか?、金利は?、返済方法は?、諸費用は?などなど
大変ですがexclamation



 

posted by 住宅ローンの色々な組み方 at | 前準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


韓国ドラマ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。